飲み会、オフ会、お酒の会といろいろありますが、そんな会の様子などをレポートします。それから蔵見学のレポなども


by marki1122
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:オフ会( 11 )

b0032691_0183165.jpg
16日の土曜日と17日の日曜日に連ちゃんで飲み会がありました。

土曜日は仕事が終わってから、大阪あべのデルタ地下2階にある、「さらむむ」にて着物姿の素敵な女性3人(mikaさん、葉さん、あなんさん)とカジュアルな格好のおっさん(セバスさん、マーキー)が2人でした(^_^)

集まったみなさんは日本酒を介して知り合った人たちばかりなので、新鮮な魚介類を当てにかなり呑みました。
お店にあった10種類ほどのお酒を1合2合で呑んでいき、さっき冷酒で飲んだから次は燗でと、いやはやたくさん呑みました。それでも次の日は全然体に残っていない・・・気がしていました。

2日目の日曜日は昼過ぎまで家の片づけをして、2時半頃に奈良の耳成駅近くに住む、これまたお酒の会などで知り合った人達何人かが集まって、自宅にての飲み会です。
こちらも昨日と同じく、ごちそうがバンバン出てきます。
まず、茶豆(枝豆)とビール(えびす)から始まり、肉のたたき、ヒラメの造り、ホタテとサラダ、あまごの自家製薫製、はもとなすびとエリンギのあんかけ、さざえの壺焼き等々・・・
お酒もどんどん出てきます。最初はしらぎくの純米氷温貯蔵です。これはスイスイ飲めてやばい感じのお酒でした。そして次に飛露喜特別純米でした。このお酒は3年程常温管理で様子を見ていたお酒だったんですが、この機会にと出したところ、ひねている様子もなく、美味しかったです。

ところが、前日のお酒疲れからか途中でお酒がぐるぐる回り始め、やばいなあと酔い覚ましに水をたくさん飲んだりしたのですが、あかんもう限界だと思い、まだ呑んでいないお酒や今日のおすすめのねぎま鍋を食べずに、家に帰ることとなりました。

やはり2連ちゃんはだめですね(;^_^A アセアセ…
今日、月曜日は昼間で寝ていて、また家の片付けにいそしんでいました。しばらくは休肝日になりそうです。
[PR]
by marki1122 | 2006-09-19 00:19 | オフ会
 楽しかった酒宴もそろそろ終盤。「野菜がほしいんじゃないですか」とまたもやサラダが出てきました♪
b0032691_1333542.jpg

 これがまた嬉しいですね。お酒で消耗した水分が補給されていきます。土佐の柑橘「ぶんたん」はとっても香りが良くて、それにトマトがまた甘くてさっぱりしてて美味しいサラダでした。

 最後はコーヒーとkimikoさんの手作りのロールケーキ♪
b0032691_13105145.jpg

 これがまた生クリームたっぷりでしっかりしたミルクの味なんですが軽いんですよ。それにカステラの部分がもうふわ~ってしていて、あれだけ食べたのに入っていくんですよねえビックリです(^_^)

 楽しい時って時間がアッという間に過ぎていくんですねえ。
時計を見るともう12時過ぎでした。( ・_・;)

 代行会社に来てもらって、ホテルに着いたのが12時半程だったでしょうか。(うろ覚え)
 部屋の風呂に浸りながら楽しい時を思い出していました。

 kimikoさん。それからマスター。本当にありがとうございました<(_ _)>
[PR]
by marki1122 | 2006-05-13 13:26 | オフ会
 人数が増えて酒宴もたけなわ(何回目のたけなわや\(--;)オイ)パスタが運ばれた後
b0032691_1034391.jpg

 とさのひるねのマスターがギターを持って登場。
b0032691_10333178.jpg


 とさのひるねの常連さんも飛び入り参加していただき、ちょっとしたミニコンサートになりました。
b0032691_12323993.jpg

b0032691_12332521.jpg
マスターのギターがかっこいいです(^_^) みんな手拍子をしたりして楽しんでいました♪
[PR]
by marki1122 | 2006-05-13 12:41 | オフ会
ほろ酔い気分でいい気持ちになっていたとき、もう一組お客さんが。
そのお客さんはアリサワ酒造の蔵元で杜氏さんの有澤浩輔さんと奥さんです。
お2人は最近結婚したばかりだとか♪新婚ほやほやです(^_^)
 
 アリサワさんの醸しているお酒は「文佳人」という銘柄のお酒です。文佳人という銘柄の由来はアリサワさんのHPの中の「文佳人の物語」にて

 有澤さんは朴訥、実直といった感じの印象を受けましたが、造りに対する情熱と誠実さはお話をしていると伝わってきました。奥さんは闊達でとても明るく、蔵元のお嫁さんとしてしっかり支えてはるなあとしきり(土佐ではこういう女性のことをはちきんっていうんでしたっけ(^.^))

 そんな「文佳人」の宇宙酒のラベルがまた面白い。もちろんお酒も美味しかったです♪
b0032691_9343480.jpg


 有澤さんご夫妻との会話を楽しんでいる最中、新たに料理が。
で・・出ました~ こりゃ~すごい お肉がド~ンです。
b0032691_9464562.jpg

b0032691_957529.jpg
 
切り口がちゃんとレア状態で、とってもきれいです。
わさびを付けて食べるとこれがまたイケル♪ 以外や以外!日本酒と合わしてもいけますね~
[PR]
by marki1122 | 2006-05-13 09:58 | オフ会
 楽しい酒宴はまだまだ続き、料理もまだまだ運ばれてきます♪

 次に運ばれてきたのは、いさぎのお刺身です。このお刺身は徳島からご夫婦で来られた釣りと日本酒が大好きな耕ちゃん(サイトはこちら)の差し入れでした。いやあ旨い旨い♪刺身と日本酒はやっぱり合いますねえ。
b0032691_835726.jpg


 料理ばかりではなくいろいろなお酒も呑みましたねえ♪兵庫のお酒「大黒正宗」や岡山の「歓びの泉」ん~これはのんでたっけ?高知宇宙酒も何種類かいただいてすっかりほろ酔い気分でした(~~*ヘ))...
[PR]
by marki1122 | 2006-05-13 08:43 | オフ会
 乾杯。宇宙酒の利き酒が終わり、いろんなお酒が出てきて宴もたけなわです♪
 料理も特性カツオのたたきがたっぷり入ったサラダとお寿司と熱々のピザが出てきました。
b0032691_012824.jpg

b0032691_022322.jpg

b0032691_035328.jpg


 かつおのたたきサラダには特性のドレッシングをたっぷりかけてもらい食べてみると、これがまた合う♪カツオと一緒に食べると野菜もバクバク食べれていいですねえ(^_^)
 お寿司もおいしかったし、ピザも生地の部分がサクサクしているんですが、噛むとオリーブ油の良い香りが口に広がってきます。チーズも具も美味しくて幸せ気分でした♪

 でもまだまだ酒宴は続きます(^_^)

 引っ張ってるよ~(≡^∇^≡)
 
[PR]
by marki1122 | 2006-05-08 00:09 | オフ会
 さてさて準備も整い、いよいよ酒宴の始まりです。
まずは飲み物。う~ん最初はビールかなぁと思っていたんでビール頼んじゃったんですが、最初に出てきたのが鳥と一緒に煮た若たけ煮だったので、「あっ これは日本酒やなあ」と後悔。みんなは最初から日本酒でした。この若たけ煮は薄い味付けでしたが、だしがきいていて素材の美味しさが素直に出ていて美味しかったです。こんな時のお酒はサラッとした辛口のお酒が合いますね。
b0032691_2383479.jpg

 kimikoさんが、今高知で話題の宇宙酒をということで、宇宙酒の中から3銘柄を出していただき、利き比べてみました。出された3銘柄は「しらぎく」「南」「安芸虎」です。
しらぎくは中甘口で口当たりの良いお酒。南は辛口のキリッとしたお酒。安芸虎は味のあるお酒で飲みやすかった。この3銘柄は、それぞれの特徴が出ていて美味しかったです。
b0032691_238153.jpg


ん?土佐宇宙酒って何。 簡単に説明すると世界初の試みとして高知県内の有志で立ち上げた「てんくろうの会(てんくろうとは天を喰らうほどの壮大な夢)」が2003年から推進してきた計画で高知県産の酵母をロシアの宇宙基地に持ち込むためロケットに乗せて運んだ後(この日は日本酒の日とされている昨年の10月1日。(しくもその頃日本酒の会にて日本酒を楽しんでいた真っ最中です。)、宇宙基地で8~10日程滞在させた酵母6種類を持ち帰り、高知県内の17蔵にてこの宇宙酵母を使い、厳しい認定基準を通った純米吟醸のお酒だけに認定シールを貼られ、この世界初の試みは4月1日に発売が解禁になったそうです。

 *ちなみに次のような認定基準を通ったお酒だけが宇宙酒としての認定シールを貼り、販売が出来るそうです。
  <酵母>宇宙を旅した後の高知県産酵母6種類の中から選択(単独、及び混合可)
  <原料米>高知県産酒造好適米「吟の夢」または「風鳴子」を100%使用
  <精米歩合>55%以下  
  <造り>米100%で、低温長期発酵の吟醸造りを行なった純米吟醸酒
  <香味>「土佐宇宙酒審査会」の官能審査に合格したもの
  <土佐宇宙酒審査会>「土佐宇宙酒」としての審査基準に適合しているかを審査する会。
        高知県酒審会認定審査員、高知県工業技術センター酒類担当官が審査するほか、高松国税局鑑定官にも審査を依頼する

(これら宇宙酒については高知の宇宙酒での検索を基に書いたものです。拝見された人で間違いなどがあればすぐに訂正させてもらいますのでお知らせ下さい。)
[PR]
by marki1122 | 2006-05-07 18:29 | オフ会
昨日大阪にある、黒おでんのお店に行って来ました。

  関西はだし文化なのでおでんというのはすごく薄い色のだしでというのが一般的で、色の濃いおでんは関東だきと言って分けているようです。
関東は醤油文化なのでしょうね。

 さて、この黒おでんというのは本当に真っ黒なおでんでした。
 関東炊きとも違っていましたね(そんなに多く食べているわけではないですが)
味はとてもコクがあって甘さは控えめで、独特の味わいがあり、もちろんビールや日本酒にもメチャ合いました♪

 日本酒も今流行のワンカップ地酒で、奈良の梅の宿のお酒が何種類かと篠峰、それからこれはワンカップではないですが、大阪の秋鹿雄町80%と特に感動したのが天野酒無濾過生の一ヶ月常温放置のぬる燗です。
 とろけるような味と香りと暖かさが身の心も溶かしていくようです。
 ちなみに、この一ヶ月常温放置のお酒は酒屋さんが放置したのではなくて、蔵で常温放置しているものです。
 その他ににごり梅酒なども好評でしたねビールも本格的でバスペールエールとハートランドが飲み放題(今回は)

食べ物も黒おでん以外にだだちゃ豆や自家製ソーセージ(イタリア風、インド風、中国風、大阪風、スタンダード)も楽しめて大満足でした。
b0032691_2356532.jpg
b0032691_23572084.jpg
b0032691_23573219.jpg
b0032691_23575790.jpg


http://blog.livedoor.jp/sakemado/tb.cgi/27216680
[PR]
by marki1122 | 2005-08-28 23:59 | オフ会
今回の平成吟味喰らぶは開催前に集合写真を撮りました。
 何故かというと酔っぱらってべろんべろんになっていたり、用事があって途中で抜ける人もいるので、それなら最初に撮っておけばいいだろうとの考えからです。

 集合写真を撮るとそれぞれテーブルに座って、宴の始まりです。
 僕の隣に座った人達は親子で来ていました。向かいは蔵見学も一緒に行ったkチャリンさんとお友達のタケちゃんでした。
 まずは突き出しが出て、一升瓶や4合瓶が回ってきました。なにせ人数分のお酒があるのですからそれはもう半端な数ではないです(^_^;)
 酔っ払いの習性としては全部の酒を利くというのはいわずもがなで、とりあえず少しずつ利いていきましたが、あれだけあると酔っぱらって味が分かりづらくなるのがつらいですね。

 さて、メインのカニがやって参りました。まずはカニキムチです。辛いけどその分カニの身の甘みが引き立ってこれはのっけからいい感じです♪
b0032691_11235682.jpg

b0032691_11241782.jpg

この写真はMASAさんの提供です。
[PR]
by marki1122 | 2005-03-20 11:33 | オフ会
 1月30日(日)の午前中に三河の「孝の司」の蔵見学が終わった3人は、去年は食べられなかったミルクガニというカニを食べるために名古屋に向かった。

 名鉄(やったと思うが)で約一時間ほど電車に揺られ、地下鉄で乗り換えて最寄りの駅に着く。そこから少し歩いて、目的のお店である、「加寿也」に向かう。
おお!そういえば去年お店が移転して装いも新たになってるんだっけ
 
b0032691_9331692.jpg
おっと 「加寿也」の看板が見えてきた。よっしゃココで看板の写真を

その時タイミング良くドアが開いた。
b0032691_939153.jpg
おお 板やンやおまへんか(^_^) ってしっかりカメラ目線か~いΣ\( ̄ー ̄;)

中にはいるとおお!いっぱいの人が来てますなあ
それにお酒もものごっつう置いてありますしねえ♪
b0032691_9495026.jpg


 この会ももう6回目らしく、集まった人達の中にははじめましての人もいれば、何回も顔を合わしている人もいる。とはいえ年に1回ぐらいしか名古屋入り出来てないので、なかなかうち解けるところまではいけませんねぇ(^_^; よし 今回はがんばろうp(´∇`)q ファイトォ~♪

板やンこと板さんの関連記事はココ第6回 平成吟味喰らぶのお酒
[PR]
by marki1122 | 2005-03-13 09:57 | オフ会