飲み会、オフ会、お酒の会といろいろありますが、そんな会の様子などをレポートします。それから蔵見学のレポなども


by marki1122
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

5番目の白瀑純米吟醸袋吊り中取り生原酒酒こまち50%は、酸がとてもきれいで爽やかさが、とても印象的。後口もス~ッと切れていきますが、優しい甘みが心地よく、良い感じでした(^_^)

6番目の浪乃音純米吟醸無濾過生原酒山田50%は、本来今日のラインナップに入っていなかったのを、前日利いてみたら美味しかったので急遽入れることになったというお酒です。
飲み口は爽やかなのにコクがある。キレがあるのに重厚感のあるといったお酒なのかなあと思います。

b0032691_21594879.jpg
料理も良かったですよぉ♪ 刺身も美味しかったし、鍋は醤油味のちゃんこ鍋だったんですが、ピチピチ動いている海老を鍋にポチャリと(海老さんごめんね)入れて食べたのはそりゃもう最高でしたね。活きた海老を見たのも久しいなあ。
鳥つくねとアジのつみれはもう酒飲みを泣かせますし、他の具も美味しかったです。
又、鍋の後に出てきたお寿司はもう最高でした(^_^)

お酒の会に来ていた人達もだんだん顔見知りが増えてきて、いろんな人とお話が出来て、楽しかったです。
それと今回は篠峰の千代酒造から藏元の堺さんが、梅の宿酒造さんから営業で藏元の娘さんも来ていて更に楽しい会になりました♪

あべたやさん今回も楽しい会をありがとうございました_(_^_)_
[PR]
by marki1122 | 2007-02-18 21:59 | お酒の会
b0032691_062629.jpg
2月12日は、酒の会でした。
主催はなじみの酒屋さんだったので、来るお客さんも何回もお会いしている人達ばかりなので、とてもホッとします。

昨日のお酒の会は刺身や鍋と6種類(千代酒造の堺さんが差し入れしてくれたので、7種類に)の新酒を合わせながら楽しいひとときを過ごしました。

まず最初に呑んだお酒は、土佐しらぎくの特別純米おりがらみ生酒特等八反錦60%です。
最初の飲み口はさらりと軽快ながらおりがらみらしく、米の旨みがこくりこくりと口中に広がっていきます。発泡性もあり、まさに爽快な辛口といえましょう。
お客さんの中で、今年のしらぎくは発泡性が強いですねという声もあり、みなさん知らず知らずのうちにお酒を利いてるんだなあと思い、びっくり。

2番目の梅の宿「アンフィルタード」無濾過生原酒山田55%はキリッと辛口ながら、あじわいに重厚さがあり、旨みの余韻がしっかりあって、幸せ長続きですね♪穏やかな香りがとても上品なお酒の印象を与えます。
そうそう今回は助っ人として、梅の宿の営業担当で社長の娘さんも参加していました。
少ない女性陣として大奮闘しており、おっちゃん人気も抜群です(笑)
梅の宿のお酒は本当にいろいろなお酒があります。
日本酒でも普通酒、本醸造、純米、吟醸、大吟醸、の他にも袋づり、ふねしぼり、山廃、生もと
さらにリキュールでも日本酒で漬けた梅酒、その原酒、あらごし梅酒、またまた苺のお酒「アス
カルビー」やゆずのお酒などもあり、低発泡酒の「月うさぎ」は女性に大人気です。

3番目の根知男山純米吟醸無濾過生酒五百万国55%です。
このお酒は吟醸酒らしく、キリッとした酸が旨みを引き締めていきます。
全体の印象はとてもきれいで突出した個性はありませんが、上品な穏やかさとバランスの良さはさすが根知さんだと思いました。

四番目の篠峰純米吟醸無濾過生酒八反50%は今回のお酒の中では酸味と甘みがしっかりと感じられ、きれいさの中に旨みがしっかりと感じられるお酒でした。
今回藏元が飛び入りで参加していただけるという嬉しいハプニングで嬉しくていっぱいしゃべっちゃいました♪(う~ん向こうは迷惑やったかも)
実は一番好きなお酒のタイプなんです(^_^)
b0032691_0122518.jpg

[PR]
by marki1122 | 2007-02-14 00:21 | お酒の会